pixiv/ twitter/ tumblr/ booth/ HP/
のりお/サークル[たんぽぽワンピース]:合同サークル[生ハムまたぎくらぶ]

【ネタバレあり】続・劇場版 Wake Up, Girls! 青春の影(前篇) を見てきた感想

Wake Up, Girls! 青春の影(前篇)を見てきました。
一言で言うと、わぐちゃん、最高だ…でした。

元々WUGは、序盤の健康ランドの水着営業で女の子たちが大人の思惑に振り回されている姿が耐えられず、見るのをやめてしまっていたアニメでした。
ふとした折に全部見てみようと思い、見てみたのですがわぐちゃんたちが逆境の中ひたむきに頑張る姿、自分たちを導いてくれる早坂という存在の登場、そこからの飛躍…アイドルアニメとしてだけではなくまるでアイドルのサクセスストーリーを撮ったドキュメンタリーをみているかのような作品作りに心惹かれ、見終わる頃には俺がトップオブワグナー大田だという気持ちにまでなりました。(もちろんあそこまでの器にはとうていなれませんが)
続劇場版わぐはその気持ちを裏切ることなく、より満たしてくれるものだったと思います。

大手のレコード会社、b-vexの預かりとなったわぐちゃんたち。メジャーデビュー、東京進出です。
早坂からもらった曲がある、今度は大手のレコード会社のバックもある。これからさらなる飛躍を迎えることしか想像できません。
しかし、条件は全て揃っているはずなのに、セカンドシングルは全然売れない。
早坂も曲を作ってくれず、レコーディングも少し顔を出して、前のように指導もしてくれない。
わぐちゃんたちは相変わらず頑張っていて、慢心している様子は見られませんでした。
私は見ている時、わぐちゃんたちに悪いところは全く感じられなくて、わぐちゃんたちから失われたものが何なのかわかりませんでした。
早坂のいうわぐちゃんという男爵芋に混ざってしまったカレーとはなんなのか、大田さんの感じたわぐちゃんに対する違和感はなんなのか。
最後、誰もいないミニステージでわぐちゃんたちがタチアガレを歌うところで、はっきりわかりますが、東京進出のつまずきの原因は、わぐちゃんらしさが失われたということにあるのだと思いました。
まず、レコード会社はわぐちゃん自身を見ていませんでした。欲しかったのは、本編でも言われていたように、早坂が作った曲です。
今後も早坂が作ってくれるだろうという打算もきっとあったと思います。
事実、7 Girls Warは目標値を達成し、売れました。
作中でどういったプロモーションをしていたのかはわかりませんが、あの"早坂相がプロデュースした曲"のアイドルとしてプロモーションもしていたかもしれません。
わぐちゃんは所詮、早坂の曲を売るための道具にされていただけでした。
わぐちゃんの本当の魅力がb-vexのプロデューサーにはわかってまいませんでした。結果、わぐちゃんらしさが失われたセカンドシングルを提供し、目標値を大きく下回る結果を生み出してしまったのです。
次に、わぐちゃんたちがわぐちゃんらしさというものに対して無自覚だったことです。
わぐちゃんたちはひたすら前に向かって走ってきました。そこで飛び込んできたメジャーデビュー、ついていくことに必死です。
自分たちらしさがわからないまま、自分たちらしさをわかっていない・わかっていないならわかっていないで違う明確な方向にプロデュースしてくれるわけでもないプロデューサーの下についてしまいました。
私たち頑張ってるのに、b-vexのライブのあとにそう言いました。
ですが、アニメ本編で早坂は言っていました。
頑張るのは当たり前なんだと。
同じ土壌で戦う人たちはみんな、頑張っていない人なんかいないはずです。
頑張ることが当たり前の世界なんだと思います。
なぜ、自分たちがお客さんに求められたのか。それを考え、行動しなければならないのです。
表面上だけ、アイドルらしい他のアイドルたちの真似をしても芸は磨かれるかもしれませんが、それはわぐちゃんらしさではありません。
わぐちゃんたちは、b-vexのレッスンに、アイドルだけではなく女優やモデルの女の子たちがいるのを見たはずです。
可愛くて、歌が上手くて、踊れるだけなら、別にその女優やモデルの女の子たちがアイドルやったっていいんです。
それでも、ファンがわぐちゃんになぜ魅了されてなぜ応援してくれているのか、それを考えなければならないんです。
わぐちゃんらしさとはなんでしょうか、早坂がそこに輝きを見出して、プロデュースしたいと思った理由、大田さんたちワグナーがわぐちゃんたちを応援してくれる理由とはなんでしょうか。

それは、後編のキービジュアルにも使われているフレーズ

真摯であること
素直であること
一生懸命であること

だと思います。
わぐちゃんたちはお芋ちゃんなんです。泥にまみれてそれでも這い上がってくる、そういう存在です。
小手先のプロモーションや、他のアイドルを真似した技術にはわぐちゃんらしさはありません。
ただ、自分たちのやれることに一生懸命で、真摯であること。
そのひたむきな姿には、まさにいっときしか存在しない青春を体現しているように思うのです。
わぐちゃんは、未成熟な青春の輝きが魅力のアイドルなんです。
もちろんアイドルとして、技術を磨くことは大切です、向上心があるのも大切なことです。それにどこまで真摯に向き合って頑張れるのか、それによってどう成長していくのか、それをファンは見たいんです。
わぐちゃんが完成された時、どのようになるのかはまだわかりません。
I-1clubのようになるのかもしれません。
それでもわぐちゃんたちの未来に何があるのかを、ファンは見たいのです。

一回成功したはずなのに、どん底に突き落とされ、売れなくなってからわかるというのも皮肉なものですが、それでもあの誰もいないミニステージで、もう一回頑張ろうと決意するわぐちゃんたちをみて、私の好きなわぐちゃんってこれなんだなぁと強く思いました。
という私がそう思ったというだけの感想です。

あとはダラダラまとめきれなかったことを羅列します。
早坂はむすび丸の人形まだ大事にしてるし、なんだかんだレコーディング来てくれたし、わぐちゃんたちの出てる番組見てその無理矢理な姿に腹立ててるし、わぐちゃんのこと大好きですよね。
でも、早坂としても曲をあげたくても、また早坂の作った曲を歌うアイドルとして売れたら、真夢の時のI-1clubの島田真夢を売るためのアイドルグループ、のようになってしまうことを危惧していたのではないかとおもうんですよね。
それは早坂としても不本意なはずかのでわぐちゃんたちにはわぐちゃんとして売れて欲しかったんじゃないかなーと思うんですよね。
手が出したいけど手が出せないという愛情の裏返し…いつもの早坂さんやで
なんだかんだ作った曲持って茂みから現れるし(あれ前々から用意してたよね??)
そもそもわぐちゃんの行動範囲把握してるやないかという
早坂のおうちが夜景の見える高層マンションで典型的な金持ちイメージすぎて笑ったり、草間彌生っぽいオブジェ置いてあって早坂が好きだと思うとかわいいなと思ったり、早坂が好きになる映画。前から好きですが。わぐちゃんはみんな頑張っててみんなえらいからわぐちゃん箱推しで早坂というプロデューサー推しです。2DK(http://www.moae.jp/comic/2dk)のどこかの回でも、アイドル応援し続けてると最終的にプロデューサー推しになるとか言ってた気がしますし…
あと早坂って作中の扱い的に、ミリオン飛ばせる売れっ子音楽プロデューサーでb-vexのプロデューサーごときでは頭が上がらない存在のようなのにわぐちゃんたちの中では最初にであったうさんくらいおっさんのイメージもまだあるようでわぐちゃんたち(一部ですけど)が強気な態度で接しているのとても好きです。

I-1 clubもライバルポジションでありながら、トップに立ち続けるということの熾烈さ、背負う責任ですとかを感じさせてもらえて、何を考えているのかわからなくて冷酷に見えていた白木社長も信念を持ってアイドルをプロデュースしていることがわかりましたし、そこもよかったです。だからこそわりと早坂とウマが合うんでしょう…
丹下社長も背負っているものが明らかになってきてしんみり…

早坂がわぐちゃんをプロデュースした原因は、もう一段階掘り下げがありそうで、後編が待ちきれないです。
本当に前編、わぐらしいいい映画でした。最後のエンドロールの、少女交響曲のフルライブが早く見たい!

広告を非表示にする