pixiv/ twitter/ tumblr/ booth/ HP/
のりお/サークル[たんぽぽワンピース]:合同サークル[生ハムまたぎくらぶ]

キルミーベイベーの世界がループしているという仮定

キルミーベイベーの世界は時間の感覚が乏しい。
ある日、次の日などの表現は存在するが、明確な何年何月何日という概念は存在しない。
また、季節が移り変わっているのが制服の転換で察することができるのだが、やすなたちが歳をとっている様子は見られない。
これは、やすなたちは永遠の時間を繰り返しているという示唆なのではないだろうか?
ここで、やすなたちが永遠の終わらない日々を過ごしている論拠をもう一つ提示したい。
アニメ放送終了後に発売されたベストアルバム「キルミーベイベースーパー」…
収録曲は以下の通りだ。(一部抜粋)

キルミーのベイベー!のさらにウザいやつ
キルミーのベイベー!のウザくないやつ
キルミーのベイベー!2062
ふたりのきもちのほんとのひみつ (骨折篇)
ふたりのきもちのほんとのひみつ (without MEGANE Mix)
ふたりのきもちのほんとのひみつ (iMS-20 for iPad Mix)
キルミーのベイベー! (LIVE)

以上の通りとなる。
この一連の曲は、元々シングルがバージョン違いで3つ発売されておりさらにそれぞれにアレンジバージョンが収録され、それをまとめたものとなっている。
原本からそれぞれ違う曲が作られている。
これはループしているキルミーベイベーの世界を、意図的に示唆しているといえるのではないだろうか。
ループものでよくあることだが、ループしているとはいえ、少しの行動の変化が違ったループを生むということがよくある。
このアレンジの違う一連の曲は、ループしているが少しづつ変わっていくループ時空を示唆していると捉えることができるだろう。
終わらない世界で、やすなとソーニャは必死に終わりの時を探しているのかもしれない。
二人がこの世界を終わらせ、新しい一歩を踏み出す時がいつか来るのだろうか。
広告を非表示にする